スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一定以上調剤の薬局に報酬加算 後発薬普及策(産経新聞)

一定以上調剤の薬局に報酬加算 後発薬普及策(産経新聞)

 中央社会保険医療協議会(長妻昭厚生労働相の諮問機関、中医協)は16日、先発医薬品と同じ成分・効果を持ちながら価格が安い後発医薬品(ジェネリック医薬品)について、来年度の診療報酬改定で実施する新たな普及策を決めた。一定割合以上の後発薬を調剤した薬局の報酬を加算するほか、医師に対し診察時に後発薬を処方するか、患者の意向を確認するよう、努力義務を課すことなどが盛り込まれた。

 薬局への普及策では、報酬加算が支払われる基準に関し、全処方箋に占める後発薬の調剤割合(30%以上)から、実際に調剤した後発薬の数量の割合(20%以上)に変更。この結果、より多くの後発薬を調剤しないと加算報酬が受け取れなくなる。また、医療機関の入院時に後発薬の使用を促すため、一定割合(20%以上)の後発薬を備蓄した場合に報酬が加算されるとしている。

【関連記事】
「倒産する」…漢方薬の保険外しで製薬会社に危機感
長妻厚労相が「漢方薬」保険適用外に異議
「漢方除外」に4万人反対! 東洋医学会が署名提出
新型インフル タミフル、小児用不足 大人用減量し処方OK
大幸薬品が「正露丸」をモンゴルで販売

お父さん犬物語
力みなぎるブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 即日
出会いランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ゲールスキー

Author:ゲールスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。